コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糖鎖 とうさcarbohydrate chain

知恵蔵の解説

糖鎖

たんぱく質糖脂質などの生体分子において、たんぱく質や脂質に結合している糖類の鎖。広義には類だけがグリコシド結合によってつながったものも糖鎖と呼ぶことがあるが、その場合には炭水化物と同義である。核酸塩基やアミノ酸の連鎖が、2次的に折り畳まれたり、ループを作ったりすることはあっても、基本的には直線的にしかつながらないのに対して、糖は多数の水酸基をもち、さまざまなつながり方ができるために、糖鎖は非常に多様な構造をとれる。単独の糖鎖としては、でんぷん、グリコーゲン、セルロース、ペクチンなどがある。糖たんぱく質及び糖脂質は、血漿(けっしょう)、卵白、コラーゲン、ホルモンなど、生体内で重要な機能を果たす生体分子である。近年注目を浴びているのは、細胞膜表面にある抗原性をもつ糖たんぱく質で、その構造の多様性ゆえに各種のシグナルを認識するための標識分子としての役割を果たしていることが明らかになっている。血液型物質もそうした糖たんぱく質の1つである。

(垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

とう‐さ〔タウ‐〕【糖鎖】

ぶどう糖などの糖がグリコシド結合した化合物。結合する糖の数は最小二つから最大数万までさまざま。生体内のたんぱく質脂質と結合し、細胞どうしの認識や相互作用に重要な機能を果たしている。ABO式の血液型は、赤血球の表面にある糖鎖の違いによって分類される。→少糖類多糖類
[補説]糖鎖は癌(がん)や感染症をはじめとするさまざまな病気にも関与しており、病態の解明や新薬の開発を目的とした研究が進められている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうさ【糖鎖】

生体内に存在する糖類・配糖体・糖タンパクなどの糖の部分を鎖に見立てた言葉。構成する単糖の種類・結合位置・順序に多様な組み合わせがあり、それによって血液型や免疫作用などの生体の様々な生理的認識機能が調節されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

糖鎖の関連キーワード福山型先天性筋ジストロフィー糖タンパク質(糖蛋白質)ガングリオシドーシスバイオテクノロジーノイラミニダーゼエキソアミラーゼペプチドグリカンフィブリノーゲン液化型アミラーゼヒドロキシリシンヘマグルチニンアクチノヒビンオボアルブミンガングリオシドバイオチップ糖タンパク質腫瘍マーカーグリコシル化アミラーゼ翻訳後修飾

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糖鎖の関連情報