コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分水工 ぶんすいこう

大辞林 第三版の解説

ぶんすいこう【分水工】

水路の流水を必要な所へ分流させる施設。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分水工
ぶんすいこう
diversion works

農業用水の幹線水路の水を複数の支線水路に分水するための装置。幹線水路の水を所定の比率で複数の支線水路に配分するための円筒分水工、射流分水工など、複数の支線水路に所定の流量を配分するためのゲート分水工がある。円筒分水工は越流部を各支線水路への流量の配分比率で区分した円筒堰(せき)の底から幹線水路の水を流入させ、越流部の区分された部分を完全越流する水を、それぞれ各支線水路に流して分水する。射流分水工は幹線水路に完全越流する固定堰を設置し、各支線水路への流量の配分比率で越流部を区分し、区分された区間を越流する水をそれぞれ各支線水路に流して分水する。ゲート分水工は各支線水路にゲートを設置し、ゲートを操作して所定の流量を各支線水路に流して分水する。川 登]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

分水工の関連キーワード高橋健三(1)米山(旧町名)田沢与左衛門秋ヶ瀬取水堰有泉 栄一小泉次大夫高橋健三山中義貞有泉栄一豊川用水用水路浅野川釧路川信濃川施設流水

分水工の関連情報