所定(読み)しょてい

精選版 日本国語大辞典「所定」の解説

しょ‐てい【所定】

〘名〙 定められたところ。定まっていること。一定。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「外国より品物を輸入するに其着到する処は僅に所定の数港に過ぎず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「所定」の解説

しょ‐てい【所定】

決められていること。決まっていること。「所定期日までに提出する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android