コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分解熱 ブンカイネツ

デジタル大辞泉の解説

ぶんかい‐ねつ【分解熱】

化合物がその成分元素の単体に分解することによって発生する反応熱。通常、1モル化合物の分解反応によって生じる熱量の値で表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

分解熱の関連キーワードクラッキングメラミン自然発火

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android