コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反応熱 ハンノウネツ

百科事典マイペディアの解説

反応熱【はんのうねつ】

化学反応に伴って出入りする熱量。反応の種類により燃焼熱中和熱など各種の呼び名がある。
→関連項目アンドルーズ熱量計

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はんのうねつ【反応熱 heat of reaction】

化学反応に伴って物質系に吸収,または放出される熱量の総称。反応の種類によって,生成熱,燃焼熱,中和熱,溶解熱希釈熱混合熱,吸着熱などに分類される(各項参照)。反応熱は多くの場合1気圧下で測定されるので,厳密には定圧反応熱と呼ばれ,燃焼熱測定などの特殊な場合に体積一定下で測定される定容反応熱と区別される。熱力学的には両者は互いに変換される。化学方程式の後に反応熱を併記したものは熱化学方程式と呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はんのうねつ【反応熱】

化学反応に伴って、化学反応系と外界との間を熱として出入りするエネルギーの量。通常、発熱反応のときは正、吸熱反応のときは負とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

反応熱
はんのうねつ
heat of reaction

化学反応に伴って出入りする熱量をいう。反応熱が出る場合を発熱反応、入る場合を吸熱反応という。たとえば、水素分子1モルが燃焼する際には、57.8キロカロリーの熱量を発生する(普通、室温・大気圧の標準状態下の発生熱量で示す)。たとえば気体の水素と酸素が反応して水を生成するときの反応熱は、系のエンタルピー(熱含量)変化として、

のように表す(ΔHの値は系の吸熱量をもって正とする)ことが多い。反応熱は普通、大気圧のもとで測るため、定圧反応熱ともいうが、これに対し、一定容積で測った場合を定容反応熱という。また、一つの反応を2段階あるいは数段階に分けて行ったとき、その反応熱の合計は全体の反応熱になる。これをヘスの法則という。
 反応熱は反応の種類によって、燃焼熱、中和熱、生成熱、溶解熱、蒸発熱など多くの呼び名がある。[戸田源治郎・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の反応熱の言及

【化学反応】より

…この仮説によれば,発熱反応のみが自発的に起こることになる。しかし一連の反応熱の精密測定によって多くの反応は確かに発熱反応であるが,吸熱反応も少数ではあるが確実に起こることが確かめられ,この仮説は一般的には成り立たないことがしだいに明らかとなった。現在,化学反応が起こりうる条件は熱力学によって十分明らかにされている。…

【キルヒホフの法則】より

…比jν/aνは物質の種類によらないから黒体のそれに等しいが,黒体のaνは1なので,黒体放射の単位振動数,単位立体角あたりのエネルギー放射速度,に等しいことになる(hはプランク定数,cは真空中の光速度,kはボルツマン定数)。【江沢 洋】(4)反応熱の温度変化に関する熱化学的法則の一つ。ある温度での反応熱⊿Hが知られているときに,別の温度での値を求めるのに用いられる。…

【熱】より

…例えば水素ガスが燃える反応2H2+O2―→2H2Oでは,水素1g当り約34kcalの熱が発生する。反応の種類によっては熱を吸収する場合もあるが,一般に反応が生ずるとき,温度一定に保つために吸収あるいは供給しなければならない熱量を反応熱という。
[熱の伝達]
 熱は必ず高温から低温のほうへ伝わるが,その機構は,(1)物質の移動を伴わない,いわゆる熱伝導,(2)物質の移動による伝達,(3)放射による伝達に分けられる。…

※「反応熱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

反応熱の関連キーワードトムセン(Hans Peter Jörgen Julius Thomsen)ヘス(Germain Henri Hess)ファントホッフの定圧式ファントホッフの定容式ケミカルヒートポンプキルヒホッフの式総熱量保存の法則化学エネルギートムソンの法則ドレイパー効果ラジカル反応原子水素溶接テルミット法エネルギー化学親和力示差熱分析トムセン塊状重合温度滴定ベルトロ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

反応熱の関連情報