コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もる もる

大辞林 第三版の解説

もる

( 動四 )
もぐ。摘み取る。 「或は茅花つばなを抜き、岩梨をとり、零余子ぬかごを-・り、芹をつむ/方丈記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

もるの関連キーワード水籠る・水篭る・水籠もるすずり蓋(硯蓋)ドイツみちこしらとほふ梅津美治郎候ふ・侍ふ御殿籠もる賜れ・給れ居鎮まる夜な夜なくぐもる下焦がる水籠もる守り・守京極為兼立籠もる家族合せ岩成達也鎖し籠む柏木の

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もるの関連情報