コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分離作業単位 ブンリサギョウタンイ

2件 の用語解説(分離作業単位の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶんり‐さぎょうたんい〔‐サゲフタンヰ〕【分離作業単位】

エスダブリューユー(SWU)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんりさぎょうたんい【分離作業単位 separative work unit】

SWUと略称する。ウラン濃縮に関連して,濃縮工場の規模や遠心分離機1台当りの濃縮能力,あるいは委託濃縮に要する費用などを表現するときに用いられる単位。この単位をもって表される量は分離作業量と呼ばれ,次式で計算される。ここに,F,PおよびWは,それぞれ原料供給量,製品量および廃棄材量である。またxはウラン中の235Uの原子分率であり,添字のF,PおよびWは,それぞれ原料,製品および廃棄材についての値であることを示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

分離作業単位の関連キーワードSWU

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone