コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切り箔 キリハク

デジタル大辞泉の解説

きり‐はく【切り×箔】

金銀の箔を細かく切ったもの。
細かく切った金銀の箔を散らす装飾法。巻物・歌集の料紙・色紙・短冊・屏風(びょうぶ)などに用いる。
金銀を漆で鳥の子紙に貼りつけ、糸のように細く切ったもの。金襴(きんらん)・紋織物などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きりはく【切り箔】

方形に細かく切った金銀の箔。
金銀の箔を漆などで和紙に貼りつけ、糸状に細く切ったもの。織物の緯よこ糸に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

切り箔の関連キーワード大内塗秀衡椀衵扇歌集料紙平金箔糸和紙織物糸状平銀ラメ方形