金銀(読み)キンギン

大辞林 第三版の解説

きんぎん【金銀】

金と銀。また、美しい財宝などをもいう。こんごん。
金貨と銀貨。
貨幣のこと。金銭。かね。

こんごん【金銀】

〔「こん」 「ごん」ともに呉音〕
きんと銀ぎん。きんぎん。 「 -瑠璃の大殿を造り磨き/宇津保 吹上・上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きん‐ぎん【金銀】

〘名〙
① 金と銀。また、きわめて美しく高価で貴重なもの。こんごん。
※栄花(1028‐92頃)鳥の舞「この楽の菩薩達の金銀・瑠璃の笙や、琵琶や」 〔列子‐周穆王〕
金貨銀貨
※御触書寛保集成‐三二・元祿八年(1695)九月「今度金銀吹直被仰附、吹直り候金銀、段段世間え可相渡之間」
③ 貨幣一般。かね。金銭
※天草本伊曾保(1593)貪欲な者の事「タトイ qinguinuo(キンギンヲ) ヤマホド ツンデ モツトモ」
④ 将棋の駒で、金将と銀将。
※咄本・鹿の巻筆(1686)一「せめて将棋は 芸のうち ただ王々に しくはなし 金銀さらに 費さず」

こん‐ごん【金銀】

〘名〙 (「こん」「ごん」はそれぞれ「金」「銀」の呉音)
① 金と銀。きんぎん。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「こんごん・るり・しゃこ・めなうの大殿を造りかさねて」 〔法華経‐信解品〕
② 金色と銀色。
※浄瑠璃・釈迦如来誕生会(1714)二「こんごん二色の揚羽の蝶、飛び連れ、飛び連れ、飛び縺れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金銀の関連情報