料紙(読み)リョウシ

デジタル大辞泉の解説

りょう‐し〔レウ‐〕【料紙】

物を書くのに用いる紙。用紙。「写経の料紙
料紙箱」の略。
「両ざしをぬいて、―のふたへ入れて」〈洒・通言総籬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りょうし【料紙】

文書をはじめ典籍,経典等の文字を書くときに使用する紙のこと。日本で用いられた料紙は,原料によって麻紙楮(こうぞ)紙,斐(ひ)紙,三椏(みつまた)紙等がある。麻紙は白麻黄麻を原料とした紙で,奈良時代から平安時代初期に多く用いられ,特に写経用として珍重された。コウゾは日本の各地に簇生し,これを原料としたのが楮紙である。原料が豊富でしかも繊維が強靱で実用性に富んでいるため,楮紙は古くから料紙の中心的地位を占めてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りょうし【料紙】

使用する紙。書くのに用いる紙。狭義には装飾加工紙をいう。用紙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

料紙
りょうし

書きものをするための紙。平安時代に上流社会で多くの紙が消費されるようになると、料紙は詩歌を美しく書くため、さらに紙質が重んじられるようになり、美意識の対象となった。なかでも奈良時代からの染め紙は色紙(しきし)として形式化され、美しくしかも薄く漉(す)ける流し漉きの技法と染色技術が組み合わさって、打曇(うちぐもり)(内曇)、飛雲(とびくも)、羅文紙(らもんし)などの漉き模様紙や、金、銀の砂子(すなご)、切箔(きりはく)、野毛(のげ)などによる加工紙、また墨流(すみなが)し、切り継(つ)ぎ、破り継ぎ、重ね継ぎなどの技法による継ぎ紙など、多種多様の料紙が工芸美術として発達した。これらは書道の発展とも関連して、現在までに多くの傑作が残されている。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

りょう‐し レウ‥【料紙】

〘名〙
① 使用の料とする紙。ものを書くのに用いる紙。用紙
※延喜式(927)一六「凡密奏 料紙筆墨等臨時申省」
洒落本・通言総籬(1787)二「おす川がかぶろは、両ざしをぬいて、りゃうしのふたへ入れて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

料紙の関連情報