コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短冊/短尺/短籍 タンザク

4件 の用語解説(短冊/短尺/短籍の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たん‐ざく【短冊/短尺/短籍】

細長く切った薄い木や紙の小片。字を書いたり、しるしとして物につけたりする。たんじゃく。
和歌・俳句などを書くための細長い料紙。ふつう、縦36センチ、横6センチぐらいで、下絵や金銀箔で装飾を施したものもある。たんじゃく。
短冊形」の略。「大根を―に切る」
拈(ひね)り書(ぶみ)1」に同じ。
「日に一度―を出だして」〈宇津保・祭の使〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

短冊【たんざく】

和歌,俳句,絵などを書くための細長い料紙。1尺2寸×2寸。〈たんじゃく〉とも。鎌倉時代以前からあったというが,文献上では南北朝時代に現れ,〈短籍〉と記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たんざく【短冊】

和歌,俳句,絵などを書く縦1尺2寸(36.3cm余),幅2寸(6.06cm)の縦長の料紙で,鳥の子紙画仙紙などを厚紙に貼り合わせたもの。〈たんじゃく〉とも呼び,短籍,短尺,短策,単尺とも書く。色紙とともに日本独自の書画揮毫用料紙の一種として長く用いられてきた。起源は古く,《日本書紀》や《続日本紀》には短籍と記し,《枕草子》にも用例があるが,いずれも現今とは異なるものである。当初は寸法が一定でなく,〈ひねりぶみ〉と称した小紙片で,字を書きつけて籤(くじ)とし,また吉凶を占うのに用いたことが見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

短冊
たんざく

和歌、俳句、漢詩、絵などを書く細長い料紙(りょうし)で、鳥の子紙や画牋(がせん)紙などを厚紙に貼(は)り合わせたもの。「たんじゃく」とも読み、短籍、短尺、短策、単尺とも書く。古くは単に細長い小紙片という紙の形態を意味し、捻(ひね)り文(ぶみ)、籤(くじ)、付箋(ふせん)、引換え札、貼り紙などにもこの語が用いられている(『日本書紀』『台記(たいき)』『日本霊異記(りょういき)』『兵範記』など)。短冊の文献上の初例は、花園(はなぞの)天皇の『花園天皇宸記(しんき)』の「正和(しょうわ)二年(1313)四月条」であるが、これは当時(鎌倉後期)作文会(さくもんえ)や和歌会で懐紙の略式料紙として用いられたものである。また短冊が歌合(うたあわせ)の賭(か)け物に使われた例がある。短冊のもっとも古い遺例は康永(こうえい)3年(1344)の奥書を有する『宝積経要品(ほうしゃくきょうようぼん)紙背短冊』(1帖(じょう)120枚。前田育徳会)で、それらがほとんど同じ書式をとって書かれていることから、14世紀中ごろにはほぼ書式の規定も整い、もっぱら和歌を書く料紙として確立していたと推定される。
 短冊に俳句や詩を書く場合は決まりはないが、和歌を書くときの書式については、歌全体は2行に書き、上の句を第1行、下の句を第2行に書くが、上の句の第1字は上から3分の1の線に文字が半分かかるようにする(「三つ折り半字かかり」という)とか、墨継ぎは第1、第3、第5句でし、題は歌の上に書き、3字以内は1行、4字以上は2行に割るとか、婦人の場合、自作の場合、古歌の場合というように、また身分の上下によっても細かな規制が設けられている。短冊の寸法については、時代によって多少の変動があるが、現在は昔よりもやや大きめで、およそ縦36.4センチメートル(1尺2寸)、横5.5センチメートル(1寸8分)が標準である。発生当初の料紙はなんの装飾もない素紙(白紙)であったが、15世紀中ごろには素紙に藍(あい)・紫の繊維を雲形に漉(す)き込んだ雲紙(くもがみ)短冊が定着して主流を占め、以後時代が下るにつれて、雲紙短冊に金銀泥(きんぎんでい)の下絵を加えたり、切箔(きりはく)・砂子(すなご)・野毛(のげ)を撒(ま)くなど豪華な装飾短冊が登場した。1598年(慶長3)3月15日の『醍醐(だいご)花見短冊』は著名な典型例である。歴史上の人物のなかには短冊にのみ真跡を残した者も多く、筆跡台帳としてもわが国書道史における短冊の価値はすこぶる高いものがある。[神崎充晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

短冊/短尺/短籍の関連キーワード京間色紙高麗台子碁盤小的丈長奉書高麗卓躙り口

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone