コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色紙 しきし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

色紙
しきし

詩,和歌などを書く料紙。元来は白紙に対して色がついた紙の意であったが,平安時代になって詩,和歌を書くための特殊な形の料紙を称するようになった。形は,大色紙が縦 19.4cm,横 17cm,小色紙は縦 18.2cm,横 16cmで,その他正方形のものや縦横 9cm程度の小型のものも作られた。白紙のものもあるが文様をすき出したり,下絵や文様を描いたり,金,銀の砂子,箔,野毛をまいて装飾するのが普通であった。伝藤原定家筆の『小倉色紙』が最古といわれる。その他『寸松庵色紙』『継色紙 (つぎしきし) 』『升 (ます) 色紙』の「三色紙」が著名。現在は書画兼用の縦 27.3cm,横 24.2cmのものが一般に普及している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いろ‐がみ【色紙】

種々の色に染めた紙。染め紙。また、折り紙用の着色した紙。
鳥の子紙を5色に染め分けた畳紙(たとうがみ)

しき‐し【色紙】

和歌・俳句・書画などを書き記す四角い厚紙。5色の模様や金・銀の砂子などを施すものもある。寸法に2種類あり、大は縦6寸4分(約20センチ)・横5寸6分(約17センチ)、小は縦6寸(約18センチ)・横5寸3分(約16センチ)。
衣服の弱った部分に裏打ちをする布地

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

色紙【しきし】

和歌,詩句絵画等をかくための厚手の方形料紙。平安〜鎌倉期の障壁画の上方に,和歌,詩句を書いた〈色紙形〉から生まれたものと思われる。現在,大(8寸×9寸),小(6寸×7寸)の2種が用いられている。
→関連項目葦手

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しきし【色紙】

和歌,俳句,詩句または絵画をかくために,一定の大きさに断った厚手の方形料紙。その形式には大小2種があり,だいたい大は19.4cm×17cm,小は18.2cm×16cmであるが,現在は書画兼用の27.3cm×24.2cmのものが普及している。絵画用には画仙紙鳥の子の白紙でできたものが用いられるが,書をかく場合のは,白紙のほか,藍,紫の雲形模様が置かれたり,金銀箔で装飾されているものが多い。色紙とはもともと染紙を意味したのであるが,和歌などを書くために一定の大きさに断たれるようになってからは,〈白き色紙〉という言葉(《源氏物語》)さえ生まれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いろがみ【色紙】

種々の色に着色した紙。特に、折り紙用の四角の紙。

しきし【色紙】

和歌・書画などを書く方形の厚紙。表に金銀箔などを散らすものもある。普通、大は縦六寸四分(約19.4センチメートル)・横五寸六分(約17センチメートル)、小は縦六寸(約18.2センチメートル)・横五寸三分(約16センチメートル)。
着物の布地の弱った部分に裏から当てる布。
さまざまな色の紙。 「赤き-のいと清らなる/源氏 浮舟

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

色紙
しきし

詩歌、絵画などを揮毫(きごう)する方形の厚紙。紙質は鳥の子、雅牋(がせん)紙などあるが、装飾のない白紙のものや、染紙(そめがみ)に金銀の切箔(きりはく)や砂子(すなご)をまいたり、下絵を描いたものなど多種を数える。もともとは白紙に対して染紙一般の意に用い、すでに奈良時代の正倉院文書(もんじょ)にもみえ、現に正倉院に伝存している。また平安時代の『源氏物語』や『枕草子(まくらのそうし)』には「白き色紙」の用例もあり、これも「色の紙」を表す。
 色紙の方形の形態は色紙形(しきしがた)に由来するものとされるが、色紙形とは、平安時代、屏風(びょうぶ)や障子(いまの襖(ふすま))、あるいは寺院の壁画や扉絵に描いた山水画、肖像画、仏教絵画などの中に、方形の枠を地塗りし、そこに画面にちなむ賛語や詩歌を記したものをいう。のちに貼(は)り紙様式も生まれ、染紙に種々の装飾が加えられ、これが料紙としての色紙に転用されたものとみられる。その最古の例は鎌倉初期の藤原定家筆『小倉(おぐら)色紙』で、また平安時代書写の「寸松庵(すんしょうあん)色紙」や「升(ます)色紙」などの古筆は、冊子本の1ページ分に相当し、これを切断して色紙形に見立てたものである。やがて室町期には大小二つの形式に統一され、寸法も定められて詩歌の料紙として多用された。懐紙や短冊は詩歌会で用いられたが、色紙は主として屏風や帖(じょう)に貼り、贈答用とされた。今日では絵画やサイン、寄せ書きなどにも多用され、現在は縦27.3センチメートル、横24.2センチメートルのものが普通に用いられている。ほかに小色紙や豆色紙などもある。和歌の場合、四行、または散らし書きすることが多く、砂子散らしは余白の多いほうが上である。なお、墨流しや飛雲文様など色付きの場合、青や紫を上方に置くのは不吉とされて忌む習慣がある。[古谷 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の色紙の言及

【料紙装飾】より

…たとえば紙をたたいて平滑にする打紙(うちがみ)や,玉や牙で磨く瑩(けい)紙,防虫のため黄蘗(キハダ)で茶色に染める努力などである。これらからしだいに,文様を彫った版木に紙をのせ,玉や牙で磨いて光沢のある線で文様を表した蠟箋(ろうせん)あるいは蘇芳(すおう),苅安(かりやす),藍(あい)など各種各様の植物染による色紙などの装飾技法が生み出されてきた。日本では正倉院に残る文書の記述や実物に,最も古い料紙の装飾をみることができる。…

※「色紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

色紙の関連キーワード花の命は短くて苦しきことのみ多かりき愛知県名古屋市南区笠寺町切り抜き細工・切抜き細工愛知県岡崎市菅生町京の色紙短冊和本帖綾織り竹・綾織竹コンフェッティ組み紙・組紙クイリング切抜き細工伊野〈町〉散らし書き散らし書雲母砂子サイン会千切り絵高石石斎色紙継ぎ綾織竹たとう

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色紙の関連情報