切先上(読み)きっさきあがり

精選版 日本国語大辞典の解説

きっさき‐あがり【切先上】

〘名〙 刀の刃先を柄の方より高くあげた構え。また、その構えで切り入ること。
※保元(1220頃か)中「内冑へ切先上りに打ち込みければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報