切浄瑠璃(読み)きりじょうるり

精選版 日本国語大辞典の解説

きり‐じょうるり ‥ジャウルリ【切浄瑠璃】

〘名〙
① 前浄瑠璃、建浄瑠璃に対し、それに添えて出す短編の浄瑠璃。主として世話物。「曾根崎心中」は「日本王代記」の切浄瑠璃として上演された。きり。
② 歌舞伎で、二番目世話物の次につけた最終に上演する所作事浄瑠璃。大切浄瑠璃

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android