コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短編/短篇 タンペン

デジタル大辞泉の解説

たん‐ぺん【短編/短×篇】

詩歌・小説・映画などの短い作品。→長編

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の短編/短篇の言及

【小説】より

…この標準的な小説概念によると,小説とは散文による相当な長さの虚構物語(フィクション)で一定のまとまりと構造をもち,現実生活に即した人物と事件を扱うものをいう。この考え方だと短編小説,観念小説,怪奇小説,ファンタジーSFヌーボー・ロマンやポストモダニズムなどと呼ばれる最近の前衛的小説などが入らなくなるが,これらの小説も標準的小説の多くの特徴を取りいれており,また伝統的小説に反逆して書かれた前衛的小説にしても,この標準的小説概念を前提として含んでいるといえる。 この標準的な小説に対立するものとして,一方にロマンス,他方にアレゴリーないし寓意物語がある。…

※「短編/短篇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

短編/短篇の関連キーワード子子家庭は波乱万丈/ドイツ、オーストリア旅物語銀河ネットワークで歌を歌ったクジラD白い部屋で月の歌を裏切らなかった五人ショートストーリー海の見える理髪店仄暗い水の底からグラジオラスの耳生鮮てるてる坊主永遠とは違う一日殺人歌劇/第1幕拳銃と十五の短篇Neptune小説日本婦道記きみはいい子受験生の手記あめりか物語村の陽だまり終末のフール

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android