最終(読み)サイシュウ

デジタル大辞泉の解説

さい‐しゅう【最終】

いちばん終わり。「いよいよ最終の局面を迎える」「最終目標」⇔最初
その日、最後に運行されるバス・電車・汽車・飛行機など。「最終に間に合う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいしゅう【最終】

いちばんおわり。最後。 「工事は-の段階に入った」 「 -報告」
ある運転系統で、その日の最後に発車する列車・電車・バスなど。 「 -に乗りおくれる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐しゅう【最終】

〘名〙
① 最も終わりであること。いちばん終わり。最後。しまい。
※舎密開宗(1837‐47)内「青紅脉錫布は煮了て最終に加る滷中に硫酸銕液を加フれは曹達に因て黒酸化銕を生す」
※破戒(1906)〈島崎藤村〉一九「僕に取っては是が最終の宿直だ」
② ある運転系統で、その日最後の列車電車バスなど。⇔始発
※不連続殺人事件(1947‐48)〈坂口安吾〉一八「いずれも最終が七時前後に到着する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最終の関連情報