刈干(かりほし)

精選版 日本国語大辞典の解説

かり‐ぼし【刈干】

〘名〙 (「かりほし」とも)
① 刈り取った稲を稲架(はさ)にかけて干すこと。《季・秋》
② 刈り取った草を、干し草にするために干すこと。《季・夏》

かり‐ほ・す【刈干】

〘他サ四〙 草木海藻などを刈り取って日にかわかす。
※万葉(8C後)四・五二一「庭に立つ麻手(あさで)苅干(かりほし)布さらす東女(あづまをみな)を忘れたまふな」
※俳諧・炭俵(1694)下「片岡の萩や刈ほす稲の端〈猿雖〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android