コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初期イギリス様式 しょきイギリスようしきEarly English style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初期イギリス様式
しょきイギリスようしき
Early English style

イギリス・ゴシック初期の建築様式。アーリー・イングリッシュ様式とも,ランセット式とも呼ばれる。 12世紀末ノルマン様式の重厚さに代り,13世紀中頃デコレーテッド・スタイル (華飾様式) に交代する。ほぼ 1190年から 1310年までの作例がこれにあたり,フランスの初期および盛期ゴシックを導入し,これをイギリス的に修正したもの。ソールズベリー,リンカーン,ウェルズの聖堂がその例。 (→イギリス・ゴシック様式 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の初期イギリス様式の言及

【イギリス美術】より

…しかしその後のゴシック建築の展開はフランスが主導権を握り,12世紀末にはフランスの工匠ギヨーム・ド・サンスGuillaume de Sensが渡英してカンタベリー大聖堂の新築の指導に当たり,イル・ド・フランスを中心に発達したフランスのゴシック様式を伝えた。12世紀末から13世紀にかけての〈初期イギリス様式Early English Style〉は,大陸での盛期ゴシックに当たり,ウェルズ,リンカン,ソールズベリーなどの大聖堂が生まれた。しかしイギリスでは建築構造そのものに対する関心よりも,壁面,天井,トレーサリー(狭間飾)などの細部の装飾が重視され,14世紀の〈装飾様式Decorated Style〉においては,曲線を多用した装飾が見られ,星状ボールトのようなモティーフも生んだ。…

【ゴシック美術】より

…しかし,これらのフランス様式にならったものでも,イギリス的な特徴を失わない。ロマネスク伝統から独自の発展をしてイギリス・ゴシック様式を生む主流があるからで,このイギリス・ゴシック建築は一般に初期イギリス様式Early English Style(13世紀),装飾様式Decorated Style(13世紀後半~14世紀),垂直様式Perpendicular Style(14世紀後半~15世紀)に分けて,その発展があとづけられる。13世紀初め以来,リンカン,ウェルズ,ソールズベリー,ヨークと代表的なゴシック大聖堂が現れ,なかでもソールズベリー(1220‐58)は初期イギリス様式でよく統一された代表的建築であり,装飾様式の代表的な例としてはリッチフィールド,ヨークの身廊部,エクセターの内陣部があげられる。…

※「初期イギリス様式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

初期イギリス様式の関連キーワードウェストミンスター寺院リッチフィールドティンターン寺院イーリー大聖堂ウェルズ大聖堂ゴシック建築イギリス建築リックマン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android