建築様式(読み)けんちくようしき(英語表記)architectural style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築様式
けんちくようしき
architectural style

建築の様式は一定の時代と地域における表現上の共通性を抽出することによって定められる。これはいかようにも細分化でき,また共通性の抽出の仕方もさまざまであるため様式名は無数に考えられるが,ヨーロッパ建築の流れのなかで一般的に用いられているものとしては,ロマネスクゴシックルネサンスバロックロココなどがあり,近代ではアール・ヌーボーアール・デコ,国際様式,ポスト・モダンなどがあげられる。なお,建築の様式と美術,音楽などの他のジャンルの様式名が同じ場合でも,それぞれのジャンルの展開により時代的には必ずしも完全に一致するとはかぎらない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の建築様式の言及

【建築】より

…このようにして,建築は人間生活の最も現実的・具体的な舞台装置および背景として生まれ,しかも最も総合的・恒久的な文化・文明の証跡として,後世にも生きつづける可能性をもっている。
[建築様式の意味]
 建築の一大特色は,それが必ずある一定の建築様式をもっているということである。他の芸術にも様式性はあるが,それらが個人やグループの個性に多くを依存しているのに対して,建築においては,個性よりも,同時代・同地域の他の建築物との共通点のほうが強く現れる。…

※「建築様式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建築様式の関連情報