初立(読み)ういだち

精選版 日本国語大辞典の解説

うい‐だち うひ‥【初立】

〘名〙
① 初めていで立つこと。初めて旅に出ること。また、しばらくぶりで外出すること。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「夏ばかりうゐだちすなる郭公巣にはかへらぬ年はあらじな」
② 初めて立つこと。
(イ) 初めて子供が立つこと、または歩き始めること。
※名語記(1275)四「小児のうひだちするほどなるはいとけなくて、いとをしき也」
(ロ) 病後初めて立ち上がり、歩いてみること。試歩。〔日葡辞書(1603‐04)〕

うい‐だ・つ うひ‥【初立】

〘自タ四〙 (名詞「ういだち(初立)」を活用させて用いたもの) 初めて立つ。特に、擬人的に鳥の巣立ちや初霞についていう。
曾丹集(11C初か)「ほととぎすういだつ山をさと知らば木のまは行きて聞くべきものを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初立の関連情報