コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初雁の はつかりの

大辞林 第三版の解説

はつかりの【初雁の】

( 枕詞 )
「はつか」にかかる。 「 -はつかに声をききしより/古今 恋一
「なく」にかかる。 「 -なきてわたると人しるらめや/古今 恋四

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

初雁のの関連キーワード軽部烏頭子雲居の峰ものから口開き田の面古今秋田中空僅か枕詞

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初雁のの関連情報