コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴黒主 おおとものくろぬし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大伴黒主
おおとものくろぬし

平安時代中期の歌人六歌仙の一人。弘文天皇皇子与多 (よた) 王の孫ともいわれる。近江に代々居住した豪族で,園 (おん) 城寺を延暦寺の別院とし,その別当をつとめたらしい。家集はないが,『古今集』以下の勅撰集に 10首ばかり入集し,醍醐天皇の大嘗会 (だいじょうえ) の風俗歌を詠進し,宇多上皇の石山寺御幸の際に歌を献上している。また,凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね) の『論春秋歌合』の歌人に仮託され,謡曲草子洗小町』に登場するなど,伝説的な面もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大伴黒主の関連キーワード草子洗小町・草紙洗小町尾上 松緑(2代目)ぶっかえり六歌仙容彩積恋雪関扉歌舞伎衣装金谷丹前草紙洗関の扉大伴

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大伴黒主の関連情報