別丁(読み)ベッチョウ

  • べっちょう ‥チャウ
  • べっちょう〔チヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 書籍などで、本文とは別に挿入される別刷物の総称。口絵・中扉・図版物などで、紙質・印刷などを本文と別にすることが多い。〔造本と印刷(1948)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の別丁の言及

【製本】より

…予備が十分でなく,注文部数に不足を生じ,わずかばかりの追加部数のために,あらたに刷り足す場合もある。
[1部抜き]
 刷本を受け取ったら,1枚ずつ抜き取り,1冊分にまとめあげ,ページの順や別丁などの入れ方にまちがいがないかどうかをたしかめたうえ,注文主の検閲をうける。また,本文用紙,板紙,クロスなど印刷・製本材料の種類がきまると同時に,これらの材料を用いて,つか(厚さ)見本をつくる場合もある。…

※「別丁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android