コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利生 リショウ

デジタル大辞泉の解説

り‐しょう〔‐シヤウ〕【利生】

《「利益(りやく)衆生」の意》仏語。仏・菩薩(ぼさつ)が衆生に利益を与えること。また、その利益。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りしょう【利生】

〘仏〙 仏神が人々を救済し、悟りに導くこと。祈念などに応じて、利益りやくを与えること。また、その利益。仏の恵み。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

利生の関連キーワード和歌山県橋本市隅田町下兵庫尾上 菊五郎(5代目)木村 重松(1代目)木村 忠衛(2代目)木村 重松(初代)延年[毛越寺]安国寺・利生塔花上野誉の石碑雷太郎強悪物語水天宮利生深川安国寺利生塔長谷寺霊験記花上野誉石碑わらしべ長者浄瑠璃物語橋本(市)しんとく丸田宮坊太郎星光寺縁起河合 武雄

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利生の関連情報