コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往生要集 おうじょうようしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

往生要集
おうじょうようしゅう

恵心僧都源信の著。3巻。寛和1 (985) 年成立。現実の苦悩や汚穢を直視し,念仏を勤めて,西方極楽浄土の阿弥陀如来の国に往生すべきことを説いたもの。「厭離穢土」「欣求浄土」「極楽の証拠」「正修念仏」「助念の方法」「別時念仏」「念仏の利益」「念仏の証拠」「往生の諸行」「問答料簡」の 10章から成るが,各章はさらに細分されて整然とした体系をなす。百六十余の仏典からの 900条に近い引用文によって構成されたものであるが,日本浄土教を確立した貴重な著述として,のちの宗教,文学,美術などに多大の影響を与えた。往生の事実を示す慶滋保胤 (よししげのやすたね) の『日本往生極楽記』と密接な関係にあるが,本書は地獄の精細な記述など,往生の願いを人々に起させようとするところに力点がある。なお源信の『観心略要集』はこの姉妹編

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おうじょうようしゅう〔ワウジヤウエウシフ〕【往生要集】

仏教書。3巻。源信著。寛和元年(985)成立。諸経論中より往生要文を抜粋し、往生浄土の道を説いたもの。日本の浄土教に画期的な影響を与えた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

往生要集【おうじょうようしゅう】

平安時代の仏教書。源信(げんしん)の撰述。985年に成立。3巻。阿弥陀仏の浄土に往生(おうじょう)するために必要な経文(きょうもん)の類を抜粋したもの。10章よりなり,地獄の様相と極楽の荘厳(しょうごん)を説き,念仏を勧める。
→関連項目安楽律院地獄真盛二十五菩薩源隆国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうじょうようしゅう【往生要集】

比叡山横川(よかわ)の恵心院の僧都(そうず)源信が985年(寛和1)に撰述した書。3巻。〈往生極楽〉に関する経論の要文を集め,〈往生の業(ごう)には念仏を本となす〉という思想を明らかにした平安時代の浄土教信仰を代表する著書。〈それ往生極楽の教行は,濁世末代の目足なり。道俗貴賤,誰か帰せざる者あらん〉に始まる序文が有名で,極楽に往生するためにはただ〈念仏の一門〉あるのみという信念から,一つには自身のため,一つには同行者のため,112部,617文にも及ぶ多数の経論を引用して念仏実践の指南書とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうじょうようしゅう【往生要集】

三巻。源信著。985年成立。極楽往生に関する重要な文を集め、念仏の要旨と功徳を示したもの。日本の浄土教の思想的基礎となった。地獄に関する記述は広く民衆にまで影響を与えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

往生要集
おうじょうようしゅう

平安中期の仏教書。天台宗の僧源信(げんしん)(恵心僧都(えしんそうず))の著。43歳の984年(永観2)11月から書き始め、翌年4月に完成したもので、3巻10章からなる。濁世(じょくせ)末代の人にとって極楽(ごくらく)に往生する道を示す教えこそもっともふさわしいものであるという信念から、そのために必要な念仏について経典や論疏(ろんしょ)のなかから要(かなめ)となる文章を集めたもので、引文は112部、617文に及んでいる。10章のうち、とくに注目されるのは、(1)厭離穢土(おんりえど)、(2)欣求浄土(ごんぐじょうど)、(4)正修(しょうしゅ)念仏、(5)助念方法、(6)別時念仏、(8)念仏証拠(しょうこ)、(10)問答料簡(りょうけん)などの章で、(1)と(2)は現実の苦や不浄、無常などを直視して浄土こそ欣(よろこ)び願い求める所であることを10の楽しみによって示している。(4)~(6)の3章は念仏とそれに必要な修行の仕方を説き、これが本書の中心をなす。そこに説かれる念仏は観想が主体をなし、称名(しょうみょう)念仏の比重は低く、また臨終(りんじゅう)正念を重視した点に特色がある。ついで念仏を勧める証拠の経文を示し、最後にこれまで説いたことを問答により補足している。本書は日本浄土教の基礎を確立した金字塔ともいえるもので、以後長く多大の影響を与え、文学、美術その他習俗にまで及んでいる。脱稿後、中国に送られたことも注目される。[石田瑞麿]
『石田瑞麿訳『往生要集』全2巻(1963、64・平凡社、東洋文庫) ▽石田瑞麿校注『日本思想大系 6 源信』(1970・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の往生要集の言及

【源信】より

…978年(天元1)に著した《因明論疏四相違略註釈》3巻は撰述年時のわかる最初の著書で,のち宋の慈恩寺弘道の門人に贈られたが,青年時代の著述とみられるものに《六即義私記》がある。985年(寛和1)代表著作である《往生要集》3巻を撰述した。本書は極楽往生に関する経論の要文を選集し,念仏を勧めたもので,のちの浄土信仰に決定的な方向を与えた。…

【死】より

…古代末から中世的世界の形成期にかけて姿を現したといえるが,具体的には各種の〈往生伝〉の編述(王朝末期)および《地獄草紙》や《餓鬼草紙》などの六道絵の制作(鎌倉初期)となって実を結んだ。そしてそのような動きに大きな影響を与えたのが源信の《往生要集》であったことは重要である。というのも《往生要集》はその第1章〈厭離穢土(おんりえど)〉と第2章〈欣求浄土(ごんぐじようど)〉によって,のちに日本における地獄学と浄土学の出発点とみなされるようになったからである。…

【地獄】より

…しかし,八熱地獄や八寒地獄などインド以来の仏教のさまざまな地獄観を体系的に記述したのは平安中期の源信であった。彼の主著である《往生要集》の第1章〈厭離穢土(おんりえど)〉は日本の地獄学の先蹤であるといってよく,その地獄の描写は信仰,思想,文学,美術,建築などの面で,その後の日本文化に甚大な影響を与えた。極楽地蔵【山折 哲雄】
【インド】
 〈地獄〉の語は元来サンスクリットのナラカnarakaまたはニラヤnirayaの訳で,地下にある牢獄を意味する。…

【浄土教美術】より

…10世紀には空也によって庶民の間に浄土信仰が醸成される一方,貴族の間には不断念仏と法華経信仰の併修が流行する。 985年(寛和1)源信の撰述した《往生要集》は,現世をいとい来世に往生する手段として阿弥陀如来を念仏する五つの方法や臨終時の作法を説いたが,その中でも最も重視されたのは阿弥陀を観想する法と臨終時に来迎(らいごう)を祈念する法であったとみられる。以後浄土信仰は急速に貴族社会に滲透したが,その際,前者からは定印阿弥陀仏と阿弥陀堂建築が成立し,後者からは迎講(むかえこう),阿弥陀来迎図が生まれる。…

【来迎図】より

…しかしこれらはいずれも《観無量寿経》にもとづく九品来迎図である。ところがこれとは別に10世紀の末ごろ天台僧源信によって撰述された《往生要集》は末法到来の近いことを前提に極楽往生の緊要なことを説き,阿弥陀仏を観想する法と併せて臨終時に阿弥陀来迎を請い願う作法を説き示した。源信の伝記には彼がその生前に阿弥陀来迎を儀式化した迎講(むかえこう)と来迎図を発案したと記している。…

【六道絵】より

…また平安時代に盛行した仏名会には地獄変屛風がめぐらされ,罪障懺悔の効果を高めるようはかられた。しかし六道への強い関心は,10世紀末浄土信仰の昂揚期に異常な高まりを見せ,源信は《往生要集》の冒頭の厭離穢土門で,六道輪廻の苦しみから脱するためには極楽浄土に往生せねばならぬとして,この厭うべき六道の情景を諸経を引用して克明に説いている。以後,六道輪廻の思想は,物語,詩歌などを通して人々の心に浸透していく。…

※「往生要集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

往生要集の関連キーワード展転・輾転・転展・転輾・転顛・転顚オーガスト・カール ライシャワー神奈川県足柄上郡大井町ライシャワー二十五三昧式石田 瑞麿聖衆来迎寺極楽往生仏教文学住友政友地獄変相花山信勝横川法語恵心僧都文字読み宝物集往生伝餓鬼道法成寺十界図

往生要集の関連情報