コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集義和書 しゅうぎわしょ

6件 の用語解説(集義和書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集義和書
しゅうぎわしょ

熊沢蕃山の著。 16巻。初版は寛文 12 (1672) 年初秋,11行本 11冊で門人岡嶋可祐が編集したもの。延宝4 (76) 年頃に 10行本 16冊の第2版を出した。第2版は初版に大幅な改訂を加え,削去,増補したものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうぎわしょ〔シフギワシヨ〕【集義和書】

江戸時代の随想録。16巻。熊沢蕃山著。寛文12年(1672)刊。蕃山の思想・学問を問答形式によって論じた書。「集義外書」とともに蕃山の主著。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

集義和書【しゅうぎわしょ】

熊沢蕃山の著書。11巻(再版16巻)。門人岡嶋可祐の編集。1672年初版,1676年再版。書簡・心法図解・始物解・義論に分かれ,中江藤樹の《翁問答(おきなもんどう)》を継承する問答体や図を用い,学問・思想・時勢のことを平易な和文で論述する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうぎわしょ【集義和書】

江戸前期の儒者熊沢蕃山の主著。1657年(明暦3)岡山藩を致仕した後,京都,吉野山を経て明石に隠棲して著述したもので72年(寛文12)に初版11冊が板行された。その後みずから増補改訂を行い76年(延宝4)までに2版16冊を上梓した。このとき除かれた部分はほとんど《集義外書》(1709)に収められた。道徳思想から時勢論に及ぶ本書にいうところは《翁問答》における中江藤樹の考えをうけつぎ(ただし藤樹自身の思想は晩年に変化した),〈時・処・位〉論を展開したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうぎわしょ【集義和書】

随想録。一六巻。熊沢蕃山著、岡島可祐編。1672年刊。陽明学者としての政治・社会・学問に対する考え方を和文によって述べたもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集義和書
しゅうぎわしょ

16巻。江戸前期の儒者熊沢蕃山(くまざわばんざん)の著書。1672年(寛文12)初版刊行、その数年後大幅な改訂の加えられた2版が刊行された。350条余り(2版)の問答体の著述である本書は、のちに著された『集義外書(しゅうぎがいしょ)』とともに蕃山の代表作である。『外書』が主として「経世治教の事」に関したものであるのに対し、『和書』は「おほく学者日用の工夫」を論じたものであり、朱王折衷的な儒学的立場、自然・歴史・人間への鋭い洞察に基づく特有の「人情時変」論、現状への批判を秘めた政治社会思想など、蕃山の学問・思想の大概は本書によって知ることができる。対馬(つしま)の陶山訥庵(すやまとつあん)にその抄本『集義和書略』があることからも、その影響力がうかがわれる。[佐久間正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone