コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

則房 のりふさ

2件 の用語解説(則房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

則房 のりふさ

?-? 鎌倉時代の刀工。
備前(岡山県)の人。信房の子という。備前福岡から片山の地へうつったところから,片山一文字派とよばれる。宝治(ほうじ)(1247-49)のころ活躍。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

則房

生年:生没年不詳
鎌倉中期の備前(岡山県)福岡一文字派の刀工。江戸時代の刀剣書では信房の子で,時代を宝治(1247~49)ごろとしている。鎌倉中期の福岡一文字派は華やかな丁字乱れの刃文を焼くところに特徴があるが,特にこの則房と吉房,助真の3工が最も大模様の刃文を焼く。代表作に徳川綱吉が家宣の子家千代の誕生を祝って贈ったという太刀(国宝)がある。則房は福岡から備中(岡山県)片山に移住したため片山一文字とも呼ばれるが,備中にはその地名がなく,今日では福岡近くの片山とみるのが通説である。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

則房の関連キーワード助真吉房雲生景則(初代)包助包近包道助延助則朝助

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

則房の関連情報