コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信房 ノブフサ

3件 の用語解説(信房の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のぶふさ【信房】

鎌倉前期の刀工。備前の人。後鳥羽院番鍛冶をつとめて延房とも銘した。同名の刀工が数名いる。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信房 のぶふさ

?-? 平安後期-鎌倉時代の刀工。
備前(岡山県)の人。古備前物といわれる刀の作者のひとりで,後鳥羽(ごとば)上皇から日本鍛冶(かじ)惣(そう)長者などの称号をゆるされた。作品は御物や国宝,重要文化財として現存する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

信房

生年:生没年不詳
平安後期の備前(岡山県)の刀工。古備前と呼ばれる刀工群のひとりで,古備前三平と讃えられる高平,助平,包平の父と伝える。代表作に価格が稲束10万に当たることに由来する「十万束」と号のある太刀(御物),庄内酒井家伝来の太刀(国宝)がある。両作とも細身で腰反りが高く,小鋒の平安時代の典型的な姿を示し,小乱れに丁字を交えた刃文を焼く。信房の太刀はこれらの作にみられるように古備前物のなかでも特に姿が良く,刃文に沸が強く付くなどの特徴が認められる。また同銘が鎌倉初期の福岡一文字派にもいて,両者混同されることが多い。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

信房の関連キーワード備前物包平古備前助平高平友成雲生惟宗真恒正恒(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信房の関連情報