宝治(読み)ホウジ

大辞林 第三版の解説

ほうじ【宝治】

年号(1247.2.28~1249.3.18)。寛元の後、建長の前。後深草天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ほうじ【宝治】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1247年から1249年まで、後深草(ごふかくさ)天皇の代の元号。前元号は寛元(かんげん)。次元号は建長(けんちょう)。1247年(寛元5)2月28日改元。後深草天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『春秋繁露(しゅんじゅうはんろ)』を出典とする命名。宝治年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼嗣(よりつぐ)(5代)、執権は北条時頼(ときより)(5代)。幕府執権として勢力を拡大させる北条氏と、有力御家人との間の確執が続いていた。同年間には北条氏と三浦氏の対立が深まり、1247年(宝治1)に鎌倉で両勢力の武力衝突が起こった(宝治合戦)。この争乱で三浦氏は滅亡し、北条得宗家による専制政治が確立した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android