コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝治 ホウジ

デジタル大辞泉の解説

ほうじ〔ホウヂ〕【宝治】

鎌倉時代、後深草天皇の時の年号。1247年2月28日~1249年3月18日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうじ【宝治】

年号(1247.2.28~1249.3.18)。寛元の後、建長の前。後深草天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ほうじ【宝治】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1247年から1249年まで、後深草(ごふかくさ)天皇の代の元号。前元号は寛元(かんげん)。次元号は建長(けんちょう)。1247年(寛元5)2月28日改元。後深草天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『春秋繁露(しゅんじゅうはんろ)』を出典とする命名。宝治年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼嗣(よりつぐ)(5代)、執権は北条時頼(ときより)(5代)。幕府執権として勢力を拡大させる北条氏と、有力御家人との間の確執が続いていた。同年間には北条氏と三浦氏の対立が深まり、1247年(宝治1)に鎌倉で両勢力の武力衝突が起こった(宝治合戦)。この争乱で三浦氏は滅亡し、北条得宗家による専制政治が確立した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

宝治の関連キーワード西山鑑智国師続後撰和歌集随身庭騎絵巻後鳥羽院下野藻璧門院但馬嘉陽門院越前隆円(3)道生(1)二階堂行忠覚助法親王入来院定心万代和歌集鷹司基忠北条時頼足利義氏安達泰盛大友親秀藤原公雅上総秀胤北条重時

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android