前ピン・後ピン(読み)まえひん・あとひん,まえぴん・あとぴん

カメラマン写真用語辞典の解説

前ピン・後ピン

 ピント被写体に合っていなくて、被写体の前後どちらかにズレていることを指す。被写体よりも前にピントが合っていれば前ピン、後に合っていれば後ピンという。被写界深度は手前に浅く、後方に深いので、前ピンのほうがまだ被写体にある程度ピントが合うが、後ピンは完全なピンボケになってしまうことが多い。マニュアルでピントを合わせる時は気をつけたい。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android