コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被写界深度 ひしゃかいしんど

5件 の用語解説(被写界深度の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

被写界深度

ある条件下で、ピントが合う一番手前から一番奥までの距離。レンズは、絞り値を上げることで、被写界深度合焦範囲)を広げられる。これは、近視の人でも、目をすぼめると、文字がはっきり見えるのと原理的に同じだ。絞りをコントロールできるカメラでは、この原理を利用し、意図的に絞りを上げることで、広い範囲にピントの合った写真が撮影できるほか、逆に絞りを開けて、被写体の後ろや前方をぼかした、味のある写真の撮影ができる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひしゃかい‐しんど【被写界深度】

カメラで、ある一点にピントを合わせたとき、その前後の鮮明な像の得られる範囲。絞りを小さくするほど深くなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

被写界深度【ひしゃかいしんど】

写真撮影の際,カメラのレンズを通して被写体のある点に焦点を合わせると,その一点のみならずその前後も焦点が合っているように見えるが,このピントが合っているように見える範囲を被写界深度と呼ぶ。
→関連項目絞り

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

カメラマン写真用語辞典の解説

被写界深度

 ピントは厳密にはある一点(あるいは等距離にある面)にしか合わないが、その前後にもピントが合っているように見える範囲があり、その範囲のことを言う。レンズの絞りを絞るほど被写界深度は深くなり、焦点距離の短い広角レンズほど深くなる性質がある。ピントを合わせた位置を基準に手前に浅く、奥に広いという特徴もある。 → パンフォーカス / ボケ 参照。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひしゃかいしんど【被写界深度】

ある一点に焦点を合わせたとき、その前後の一定範囲内ではピントの合った像が得られるが、この範囲内の、近点と遠点との距離のこと。同一条件下では絞りを小さくするほど深くなる。被写体深度。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被写界深度の関連キーワード一番手合焦気が合う性が合う前ピン目が合う帳尻が合う前ピン・後ピン定容平衡式反応定容式

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

被写界深度の関連情報