コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前垂れ マエダレ

デジタル大辞泉の解説

まえ‐だれ〔まへ‐〕【前垂れ】

前掛け」に同じ。
旋盤の往復台の主要部分。側面が垂れた形をし、内部に送り装置を収め、表面にハンドルなどを備える。エプロン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の前垂れの言及

【エプロン】より

…19世紀になると,女子学生,ウェートレス,看護婦の制服となった。 日本では,奈良時代に,の下に着けた(ひらみ)に前垂れ形式が見られ,平安時代には,宮中で浴場奉仕をする女官が白い湯巻を着けたり,庶民の女性は膝丈の1枚の布を腰に巻きつけて働いた。江戸時代に〈前垂れせぬ者はなし〉(《飛鳥川》)といわれるほど普及し,茶屋女,下女,農婦,芝居小屋の札売女,仲居などは,木綿の赤前垂れにたすきがけで働いた。…

【前掛け】より

…女子は腰巻,男子は股引(ももひき)の上から着けることが多く,仕事着の一部であった。前掛けは,江戸時代中期以降の名称といわれ,それ以前は前垂れと呼ばれていた。《延喜式》には袜(まえだれ)の語があるが,これは現行の前掛けというよりも,むしろ裳系統からきた神事のためのものであろうといわれている。…

※「前垂れ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

前垂れの関連キーワード日本のおもな郷土玩具前垂れ掛け・前垂掛け前掛け・前掛前垂れ被きあんこさん三幅前垂れヨクート族化粧回し前垂れ掛前垂れ被腰前垂れ赤前垂れ桟唐草瓦一文字瓦節季候野良着仕事着二人袴住吉踊大原女

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前垂れの関連情報