コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前渡り マエワタリ

デジタル大辞泉の解説

まえ‐わたり〔まへ‐〕【前渡り】

前を素通りすること。
「さすがに、つらき人の御―の待たるるも、心弱しや」〈・葵〉
ある人をさしおいて昇進すること。
「左大弁の―まかりならぬものなり」〈宇津保・国譲上〉
人の前を体裁をつくろって通っていくこと。
「あだめくものは―して通る」〈仮・尤の双紙

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まえわたり【前渡り】

前を通り過ぎること。 「ひまなき御-に人の御心をつくし給ふも/源氏 桐壺
人を越えて昇進すること。 「左大弁の-まかりならぬものなり/宇津保 国譲上
体裁をつくろって渡って行くこと。 「しんぞ命を揚げ巻の、これ助六が-/長唄・助六」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

前渡りの関連キーワード実に

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前渡りの関連情報