コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尤草紙 もっとものそうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尤草紙
もっとものそうし

仮名草子。『尤草子』『尤之双紙』とも書く。斎藤徳元作。2巻。寛永9 (1632) 年刊。書名の「尤」は「枕」の木扁を除いたもの。『枕草子』とそれに擬してつくった慶長頃の秦宗巴作『犬枕』にならって,80項にわたり「長き物」「短き物」「高き物」など物尽しを掲げたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もっとものそうし〔もつとものサウシ〕【尤草紙】

仮名草子。2巻。斎藤徳元作。寛永9年(1632)刊。枕草子に模して、全80項目にわたる物尽くしを収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もっとものそうし【尤草紙】

仮名草子。目録題は《尤之双紙》。斎藤徳元(とくげん)の匿名作で八条宮智忠親王の加筆になる。1632年(寛永9)6月,京都恩阿斎刊。2巻。本書は《犬枕》の跡を追って物は尽しの形式に成る擬物語で,上巻に〈ながき物〉以下39項目,下巻に〈ひく物〉以下39項目の〈物は尽し〉を収録。1673年(寛文13)までに5版も出た。《日本随筆大成》(2期6)に翻刻。【安藤 武彦】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

もっとものそうし【尤草紙】

仮名草子。二巻。作者は烏丸光広とも斎藤徳元ともいうが未詳。1632年刊。「枕草子」の物尽くしをもじって、ながき物・みじかき物など八〇条について記したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尤草紙の関連キーワード烏丸光広仁勢物語未詳名寄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android