前立仏(読み)まえだちぶつ

世界大百科事典 第2版の解説

まえだちぶつ【前立仏】

お前立ちともいい,平常公開されない仏像(秘仏)の厨子(ずし)の前に身代りとして安置され,礼拝者にその尊容をしのばせる仏像である。主として密教寺院において多く見られ,絶対の秘仏である長野善光寺の本尊阿弥陀三尊像の前立仏は重要文化財となっている。大阪府河内長野市観心寺の本尊如意輪観音像(国宝)は平安初期彫刻の代表作であるが,前立ちの如意輪観音像も小像ながら平安後期の優作で知られる。【光森 正士】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android