前頭筆頭(読み)まえがしらひっとう

精選版 日本国語大辞典の解説

まえがしら‐ひっとう まへがしら‥【前頭筆頭】

〘名〙 相撲の力士の階級の一つ。幕内前頭中の最上位
※相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉相撲改革と天覧相撲「明治五年には東の前頭筆頭(マヘガシラヒットウ)に進み」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前頭筆頭の関連情報