コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

副萼 フクガク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

副萼
ふくがく

萼の下面に接してある萼状のものをいう。ナデシコ属やオシロイバナ属では包(包葉)に由来し、オランダイチゴ属、ヘビイチゴ属、キジムシロ属などでは萼の付属物とみなされている。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の副萼の言及

【萼】より

…一方ケシ科では花が開いたとき,萼はすでに落ちているし,退化して消失することもヤエムグラなどにみられ,タンポポの冠毛は萼片の変形とみなされる。イチゴなどの副萼epicalyxは托葉と相同である。花被は被子植物で顕著であるが,原始的なものではらせん配列をする。…

※「副萼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報