コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

割を入れる ワリヲイレル

デジタル大辞泉の解説

割(わり)を入(い)・れる

仲裁者を入れる。
衣服や帯などで、別の布を間に入れて縫い、幅を広げる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わりをいれる【割を入れる】

仲裁者を入れる。 「親分ぢやの、-・れるのと兎や角と言ふうちに/滑稽本・根南志具佐」
布・模様などを途中で割って、間に別の布・模様などをはさみこむ。 「帯は黒繻子へ緋鹿子の-・れて/人情本・春告鳥」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

割を入れるの関連キーワード滑稽本

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android