コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片袖 カタソデ

デジタル大辞泉の解説

かた‐そで【片袖】

片方の袖。
机のわきの、下までの引き出しが片側だけにあること。また、その机。
片方の面。一方の面。
「庖丁の―暗し月の雲/其角」〈炭俵

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

片袖

古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。天保初期の作とされる。「幽霊の片」とも。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かたそで【片袖】

片方の袖。
一方の面。片面。 「庖丁の-くらし月の雲(其角)/炭俵」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

片袖の関連キーワード林家 染丸(3代目)御所桜堀川夜討四ツ塚古墳群佐良山古墳群御高祖頭巾珠城山古墳事務用家具落語の演題横穴式石室殿上淵酔二塚古墳大藪古墳衣片敷く大身替り片肌脱ぎ袖もぎ様脱ぎ下げ袖片敷く脱ぎ垂る片肌脱ぐ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

片袖の関連情報