コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加圧浮上法

栄養・生化学辞典の解説

加圧浮上法

 圧力を加えると,水は常圧下にあるときと比べて空気を多く溶解させる.その状態で常圧に戻すと,過剰に溶解していた空気は微小な気泡となって浮上するが,その際,気泡が水中に懸濁した微粒子を吸着して浮上するので,これを除去することができる.この方法.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android