加藤 治郎(読み)カトウ ジロウ

20世紀日本人名事典の解説

加藤 治郎
カトウ ジロウ

昭和・平成期の将棋観戦記者,棋士 日本将棋連盟名誉会長;将棋名誉9段。



生年
明治43(1910)年6月1日

没年
平成8(1996)年11月3日

出生地
東京都港区

別名
筆名=三象子

学歴〔年〕
早稲田大学商学部〔昭和8年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲四等旭日小綬章〔昭和57年〕,将棋大賞特別賞(第12回)〔昭和60年〕,将棋大賞東京将棋記者会賞(第19回)〔平成4年〕

経歴
山本樟郎8段に入門し、昭和9年4段、11年5段、15年6段、17年7段を経て、20年8段に昇進。24年現役を引退し、観戦記を書き始める。32年日本将棋連盟会長に就任、57年名誉会長。この間、53年名誉9段となる。「昭和のコマおと」「将棋は歩から」「将棋は生きている」など著書も多い。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

加藤 治郎 (かとう じろう)

生年月日:1910年6月1日
昭和時代の将棋観戦記者;棋士。日本将棋連盟会長;将棋名誉9段
1996年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加藤 治郎の関連情報