加藤 元一(読み)カトウ ゲンイチ

20世紀日本人名事典の解説

加藤 元一
カトウ ゲンイチ

大正・昭和期の生理学者 慶応義塾大学名誉教授。



生年
明治23(1890)年2月11日

没年
昭和54(1979)年5月1日

出生地
岡山県新見町(現・新見市)

学歴〔年〕
京都帝大医学部〔大正5年〕卒

学位〔年〕
医学博士(京都帝大)〔大正9年〕

主な受賞名〔年〕
帝国学士院賞〔昭和2年〕「神経の不滅衰伝導学説」,慶応義塾賞〔昭和27年〕,新見市名誉市民〔昭和33年〕,日本医師会最高優功賞〔昭和41年〕,勲二等瑞宝章〔昭和47年〕

経歴
大正7年慶応義塾大学教授、19〜27年同医学専門部長、35年定年退職し、名誉教授。この間34年国際生理科学連合理事に就任、40年第23回国際生理科学会議を主宰。著書に「不滅衰伝導学説」「微細生理学」「科学者の歩める道―不滅衰学説から単一神経繊維まで」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加藤 元一の関連情報