加藤 猛夫(読み)カトウ タケオ

20世紀日本人名事典の解説

加藤 猛夫
カトウ タケオ

大正・昭和期の英文学者,西洋服飾史研究家



生年
明治29(1896)年1月31日

没年
昭和51(1976)年8月21日

出生地
岡山県倉敷市

学歴〔年〕
東京帝大文学部英文学科〔大正11年〕卒,東京帝大大学院〔大正13年〕修了

学位〔年〕
文学博士〔昭和22年〕

経歴
大正13年以降、日本大学東洋大学、法政大学教授を歴任、昭和26年からお茶の水女子大学教授、大阪大学教授を務め34年大阪大学定年退官、その後武庫川女子大学、南山大学教授となった。著書に「英国の恋愛と結婚風俗の研究」「サッカレー評伝」「英文学と英国精神」「中世紀英国文化史概説」などがある。英文学者のほか西洋服飾史研究家として知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android