東洋大学(読み)とうようだいがく

日本大百科全書(ニッポニカ)「東洋大学」の解説

東洋大学
とうようだいがく

私立。1887年(明治20)、哲学井上円了(えんりょう)により「諸学の基礎は哲学に在り」の理念のもとに「護国愛理」を建学の精神とし、東洋学再建のために創設した私立哲学館前身とする。1903年(明治36)専門学校令による東洋大学専門部を設立、1906年東洋大学と改称、1928年(昭和3)大学令による大学となり、文学部(哲学科、仏教学科、支那(しな)哲学支那学科からなる)を設立した。1949年(昭和24)新制大学移行。2010年(平成22)時点で、文学部(一部、二部)のほかに、経済学部(一部、二部)、法学部(一部、二部)、社会学部(一部、二部)、理工学部、経営学部(一部、二部)、国際地域学部、生命科学部、ライフデザイン学部、総合情報学部の各学部と、文学、社会学、法学、工学、経営学、経済学、国際地域学、生命科学、福祉社会デザイン、学際・融合科学、法務の各研究科からなる大学院をもつ。本部は東京都文京区白山(はくさん)5-28-20(白山キャンパス)。

[喜多村和之]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「東洋大学」の解説

とうよう‐だいがく トウヤウ‥【東洋大学】

東京都文京区白山に本部のある私立の大学。明治二〇年(一八八七)井上円了創立の私立哲学館に始まる。同三六年哲学館大学となり、同三九年に改称。昭和二四年(一九四九新制の大学となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

事典 日本の大学ブランド商品「東洋大学」の解説

東洋大学

[私立、東京都文京区]
[設置者]学校法人 東洋大学
[創立者](私立哲学館)井上円了
[沿革・歴史]1887(明治20)年、井上円了が私立哲学館を創設。1903(明治36)年、私立哲学館大学と改称。1906(明治39)年、私立東洋大学と改称。1928(昭和3)年、東洋大学を設置。
[キャンパス]白山キャンパス(文京区)/白山第2キャンパス(文京区)/朝霞キャンパス(埼玉県朝霞市)/川越キャンパス(埼玉県川越市)/板倉キャンパス(群馬県邑楽郡板倉町)
[マーク類]コミュニケーションマークは、未来や理想に向かって伸びやかに飛翔する大学をイメージしたもの。東洋大学のT・Y・Oをモチーフにデザイン化されている。
[ブランド一覧]
硬式野球部グッズ(東都大学野球連盟公認) | TRiTONとtoriko
)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」事典 日本の大学ブランド商品について 情報

百科事典マイペディア「東洋大学」の解説

東洋大学【とうようだいがく】

東京都文京区に本部を置く私立大学。1887年井上円了が護国愛理を学是に設立した哲学館が起源。1906年東洋大学と改称,1916年に日本初の男女共学制を実施。1928年大学令による大学となる。1949年,同大学予科,専門部を統合,新制大学として発足。文,経済,経営,法,社会,国際地域,生命科学,ライフデザイン,理工,総合情報の各学部を置き,東洋学研究所等を付設(2012年4月現在)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「東洋大学」の解説

東洋大学
とうようだいがく

私立の総合大学。 1887年井上円了が創設した哲学館が前身。 1903年専門学校として認可され,哲学館大学となった。 06年東洋大学と改称。 28年大学令による大学として認可,49年新制の大学に移行した。文学,経済学,法学,社会学,経営学 (各第1,2部) と工学,国際地域学,生命科学の8学部をおき,入学定員は 4880名 (1997) 。 52年大学院を設置。本部は東京都文京区白山にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「東洋大学」の解説

とうよう‐だいがく〔トウヤウ‐〕【東洋大学】

東京都文京区に本部がある私立大学。明治20年(1887)設立の哲学館に始まり、明治39年(1906)現名に改称。昭和3年(1928)旧制大学となり、昭和24年(1949)新制大学に移行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「東洋大学」の解説

とうようだいがく【東洋大学】

東京都文京区白山に本部をおく私立大学。1887年哲学者井上円了が,東京本郷の麟祥院内に開設した私立哲学館を起源とする。井上は同館の設立を,学問の中心たる哲学が帝国大学の専修になっている実状を打開し,晩学で速成を求める者,資力乏しい者,外国語原書の読めない者などに哲学修得の道を開くためであるとした(〈哲学館開設の趣旨〉)。〈諸学の基礎は哲学にあり〉が建学の精神となり,東洋的精神文明の樹立をめざした。開設の翌年には,《哲学館講義録》を出して日本初の通信教育を開始。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android