コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助光 すけみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

助光 すけみつ

?-? 鎌倉時代の刀工。
備前(岡山県)吉岡一文字派の代表的刀工は「一備州吉岡住左近将監(しょうげん)紀助光」など。現存作に元応2年(1320)銘の薙刀(なぎなた)と,元亨(げんこう)2年(1322)銘の太刀(たち)があり,ともに国宝に指定。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すけみつ【助光】

鎌倉末期、備前吉岡の刀工。一文字助吉の子。紀姓。福岡一文字派の跡を継ぐ吉岡一文字派の代表的鍛冶。太刀銘「一備州吉岡住左近将監紀助光」他。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

助光の関連キーワードデイライトシンクロ液晶ディスプレイ吉岡一文字助光メインライト清原助光鎌倉時代曾我惟重太刀銘レフ板銀レフ引返す鍛冶

助光の関連情報