コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元亨 ゲンコウ

デジタル大辞泉の解説

げんこう〔ゲンカウ〕【元亨】

鎌倉末期、後醍醐天皇の時の年号。1321年2月23日~1324年12月9日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げんこう【元亨】

年号(1321.2.23~1324.12.9)。元応の後、正中の前。後醍醐ごだいご天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんこう【元亨】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1321年から1324年まで、後醍醐(ごだいご)天皇の代の元号。前元号は元応(げんおう)。次元号は正中(しょうちゅう)。1321年(元応3)2月23日改元。1321年は天命が改まる年(王朝が交代する革命の年)とされる辛酉(しんゆう)にあたることから、辛酉革命を理由に改元が行われた。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。元亨年間の鎌倉幕府の将軍は、鎌倉幕府最後の将軍となった守邦親王(もりくにしんのう)(9代)、執権は北条高時(たかとき)(14代)。1318年(文保2)に後醍醐天皇が即位すると、父の後宇多(ごうだ)法王が院政を行った。後宇多は1321年(元1)に院政を停止して隠居、後醍醐天皇が親政を開始した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

元亨の関連キーワード藤原親子(2)続後拾遺和歌集大炊御門冬氏尊珍法親王本朝高僧伝尊済法親王三部仮名鈔西園寺実兼覚雲法親王虎関師錬藤井久任北条高時鎌倉幕府三条公茂珍山源照月庭周朗徳叟周佐太田貞連土岐頼兼守邦親王

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元亨の関連情報