元亨(読み)ゲンコウ

大辞林 第三版の解説

げんこう【元亨】

年号(1321.2.23~1324.12.9)。元応の後、正中の前。後醍醐ごだいご天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんこう【元亨】

日本の元号(年号)。鎌倉時の1321年から1324年まで、後醍醐(ごだいご)天皇の代の元号。前元号は元応(げんおう)。次元号は正中(しょうちゅう)。1321年(元応3)2月23日改元。1321年は天命が改まる年(王朝が交代する革命の年)とされる辛酉(しんゆう)にあたることから、辛酉革命を理由に改元が行われた。『周易(しゅうえき)』を出典とする命名。元亨年間の鎌倉幕府の将軍は、鎌倉幕府最後の将軍となった守邦親王(もりくにしんのう)(9代)、執権は北条高時(たかとき)(14代)。1318年(文保2)に後醍醐天皇が即位すると、父の後宇多(ごうだ)法王院政を行った。後宇多は1321年(元亨1)に院政を停止して隠居、後醍醐天皇が親政を開始した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げんこう ゲンカウ【元亨】

鎌倉末期、後醍醐天皇の代の年号。元応三年(一三二一)二月二三日辛酉革命説に基づいて改元。将軍守邦親王、執権北条高時の時代。元亨四年(一三二四)一二月、正中と改元。出典は「易経」の「其徳剛健而文明、〈略〉而行是以元亨」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android