コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

励振 レイシン

デジタル大辞泉の解説

れい‐しん【励振】

振動を起こさせたり、振動を大きくしたりすること。増幅用真空管電極に入力電圧を加えて電気信号の振幅を増幅させるなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

れいしん【励振】

小さな振幅の刺激によって、大きな振幅の振動が引き起こされること。また、引き起こすこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

励振の関連キーワードヤング‐ヘルムホルツの第一法則マイクロストリップアンテナイットリウム鉄ガーネットパラメトリック増幅器パラメトリック回路弾性表面波素子テレビアンテナパラメータ励振パラメトロン八木アンテナ緩衝増幅器サージング速度変調管音声符号化ボコーダー電磁ホーン非線形振動水晶発振器びびり振動非線形回路

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android