コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

励振 レイシン

デジタル大辞泉の解説

れい‐しん【励振】

振動を起こさせたり、振動を大きくしたりすること。増幅用真空管電極に入力電圧を加えて電気信号の振幅を増幅させるなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れいしん【励振】

小さな振幅の刺激によって、大きな振幅の振動が引き起こされること。また、引き起こすこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

励振の関連キーワードヤング‐ヘルムホルツの第一法則マイクロストリップアンテナイットリウム鉄ガーネットパラメトリック増幅器パラメトリック回路弾性表面波素子パラメータ励振テレビアンテナ八木アンテナパラメトロン速度変調管ボコーダー緩衝増幅器サージング電磁ホーン音声符号化非線形回路びびり振動非線形振動水晶発振器

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android