真空管(読み)しんくうかん

百科事典マイペディアの解説

真空管【しんくうかん】

電子管の一つ。内部を高度の真空として電極を封入,電子の働きを利用して増幅・検波・発振などの種々の用に供する。光電管磁電管なども含まれるが,一般には受信管および送信管をさし,陽極・陰極・グリッドの3種の基本的電極をもつ。1904年J.A.フレミングにより二極管が作られ,1906年デ・フォレストにより三極管が発明された。その後遮蔽(しゃへい)グリッド・抑制グリッドなどをもつ四極管・五極管,同一容器内に2組以上の電極群をもつ複合管などが作られエレクトロニクス時代を生む基盤を作った。二極管は陰極より陽極に流れる一方向の電子流を利用して交流の整流に使用される。陰極・制御グリッド間に加えた電圧を変化させると陽極電流が変化するが(この関係を示す曲線をその真空管の特性曲線という),それが正比例の関係(直線で示される)をもつ部がある。この部を利用して増幅作用を,湾曲部を利用して検波作用を行わせる。また一つのグリッドに一定周波数の高周波電圧を加え,他のグリッドに異なる周波数の電圧を加えて陽極からこれらの差にあたる周波数電圧をとり出す周波数変換作用,回路または情報を切り換えるスイッチ作用,自励振動を発生させての発振作用などを行う。しかしトランジスターの発達後は次第にそれに交替されるに至った。→真空管電圧計真空放電
→関連項目光電管光電子増倍管三極管多極管能動素子ビーム管複合管ミニアチュア管

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんくうかん【真空管 vacuum tube】

ラジオやテレビ受信機に多く使われた小型電子管の通称。真空中で電子流を制御して増幅などを行う電子素子は,発明当初からおもに真空管と呼ばれ発展してきた。しかし後に大型管,ブラウン管,マイクロ波管など機能の異なるものや,似た機能であるが内部が真空でない放電管などが出現したため,専門的にはこれらを電子管electron tubeと総称し,従来,真空管と呼ばれた小型管は受信管receiving tubeと呼ばれるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんくうかん【真空管】

内部を高真空にしたガラス管・金属管に電極を封入したもの。検波・整流・増幅・発振などに用いる。 X 線管・光電管・磁電管などを含めていう。電子管。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真空管
しんくうかん
vacuum tube

10-5N/m2 (約 7.5×10-8 Torr) 以下の真空の容器中に電極を設け,その間の電子流により電気信号の整流,増幅,発振,スイッチ操作など,いろいろな動作を行わせる電子管。普通は陽極陰極とから成る二極管を基本とし,これに網目状の電極グリッド (→格子 ) を1個加えた三極管,2個以上加えた四極管五極管などがある。真空管の特性は陽極電流と,陽極電圧または格子電圧との関係を表わす特性曲線,あるいは真空管定数で表わされる。トランジスタの普及により,高出力の発振管,電子レンジに用いられているマグネトロン (→磁電管 ) などの特殊管を除いてほとんど使われなくなった。なお,光電子を利用した光電管テレビジョンに用いられるブラウン管なども真空管の1種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真空管
しんくうかん
vacuum tube

高真空の熱電子管で「真空容器内に封入された複数個の電極構成からなり、そのうち少なくとも1個は電子を放出する電極と、その電子を受け取る電極を含む電子装置」と定義されている。真空管は、電子管の発達の初期に、真空度があまりよくない放電管と区別するために、このようによばれるようになった。しかし、現在の学術用語では、むしろ放出された電子のふるまいに重点を置いて、電子管という語が用いられている。
 本来の意味では、真空管は一部の放電管を除くすべての電子管を含めるべきであるが、現在、慣習上、初期のラジオ、テレビジョンなどに使われた二極管、三極管、四極管、五極管、ビーム出力管などの受信用の電子管と、放送などに使われる大出力の多極電子管、マイクロ波用の磁電管、クライストロン、進行波管などをいうことが多い。真空封じ容器によりガラス管、金属管、磁器受信管ともよぶ。ガラス管ではST管、GT管、ミニアチュア管(MT管)、サブミニアチュア管(SMT管)と外形の大きさによる呼び名がある。[岩田倫典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の真空管の言及

【電子管】より

…次いでL.デ・フォレストが06年三極管を発明したが,これは人類が初めて作った能動素子(増幅作用のある素子)であり,今世紀前半の無線・有線通信や電子工学の大発展の直接の原因となった。さらに三極管を改善した四極管,五極管などが次々に発明され,このうち小型(小電力)のものは一般に真空管vacuum tubeと呼ばれ,ラジオ放送開始(日本で1925年)以後,受信機用として多く作られた。その後当初のナス形管から30年代ST管,40年代GT管,50年代以降mT管としだいに小型化された。…

【電子管】より

…次いでL.デ・フォレストが06年三極管を発明したが,これは人類が初めて作った能動素子(増幅作用のある素子)であり,今世紀前半の無線・有線通信や電子工学の大発展の直接の原因となった。さらに三極管を改善した四極管,五極管などが次々に発明され,このうち小型(小電力)のものは一般に真空管vacuum tubeと呼ばれ,ラジオ放送開始(日本で1925年)以後,受信機用として多く作られた。その後当初のナス形管から30年代ST管,40年代GT管,50年代以降mT管としだいに小型化された。…

※「真空管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真空管の関連情報