効果器センサ(読み)こうかきセンサ(英語表記)effector sensor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

効果器センサ
こうかきセンサ
effector sensor

ロボットアームの先端部にあって,何らかの作業を実際に行なうところ (効果器または末端効果器という) の部分に用いられる外界計測センサをいう。効果器センサには,触覚センサ,分布圧覚センサ,力覚センサ,すべり覚センサ,近接覚センサなどがあり,手作業の高度化には欠かせないものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android