コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

効果器 コウカキ

デジタル大辞泉の解説

こうか‐き〔カウクワ‐〕【効果器】

実行器

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうかき【効果器】

動物体が刺激に応じて外界に向けて能動的に活動するときに働く器官。筋肉・腺・線毛・鞭毛・発電器・発光器など。実行器。作動体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

効果器
こうかき

動物体が、外界に対して能動的な反応を行うために分化した器官、細胞および細胞小器官をいう。実行器または作動体ともよぶ。その放出するエネルギーの種類によって、筋肉、繊毛、鞭毛(べんもう)のような機械効果器、発電器官の電気効果器、発光器官の光効果器、分泌腺(せん)の化学効果器に分けられる。神経、ホルモンなどの仲介によらず刺激に対して直接に反応する、刺胞動物の刺胞細胞、海綿動物の小孔細胞などは、独立実行器といわれる。[村上 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の効果器の言及

【反射弓】より

…その起始部は刺激を受ける感覚受容器であり,ここで刺激は神経のインパルス信号に変えられ,求心路を通って反射中枢へと送られる。その結果,反射中枢で形成された神経インパルス信号は遠心路を通って効果器(実行器)へと送られ,反応を起こす。効果器には筋肉のほか腺がある。…

※「効果器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

効果器の関連キーワードインダストリアル・デザインジェームズ=ランゲ説ジフェンヒドラミンキャノン=バード説ロボットハンド動物の移動運動交感神経遮断剤人間=機械系効果器センサアドレナリン反射(生体)迷走神経反射神経伝達物質自律神経薬中枢神経系ムスカリン末梢神経系運動障害発電器官生物工学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android